トップページ > 会社情報 > 会社沿革

会社沿革

1908年
(明治41年)
■大阪市に藤本真次商店創業
■医療用品の卸販売を開始
写真:1908年
1923年
(大正12年)
■東京出張所を開設
1928年
(昭和3年)
■組織変更し、合名会社藤本商店を設立
■東京出張所を支店に昇格
写真:1928年
1946年
(昭和21年)
■経理応急措置令により、合名会社藤本商店を解散

東西分離し、2つの企業として再出発

ピップフジモト(株)
ピップトウキョウ(株)
1946年
(昭和21年)
■大阪藤本商事(株)を設立 ■東京藤本商事(株)を設立
1950年
(昭和25年)
■大阪藤本商事(株)を藤本医療器(株)に社名変更  
1952年
(昭和27年)
  ■東京藤本商事(株)を藤本医療産業(株)に社名変更
1961年
(昭和36年)
  ■多店舗政策展開(横浜店開設)
1963年
(昭和38年)
■大阪市中央区農人橋2丁目(現所在地)に社屋を移転
写真:1964年
 
1964年
(昭和39年)
■藤本医療器(株)を藤本(株)に社名変更
■多店舗政策展開(名古屋・広島・福岡出張所開設)
■業界での先駆けとなる展示会を開催(サンエス会展示即売会)
■藤本医療産業(株)をフジモト(株)に社名変更
■業界での先駆けとなる展示会を開催(藤信会展示会)
1968年
(昭和43年)
■大阪に自社商品開発部署を立上げ  
1969年
(昭和44年)
■オリジナル開発商品第1号「ビデノンホーム」、
第2号「シャンプーハット」が誕生
写真:1969年
1970年
(昭和45年)
■(株)三栄商会を吸収合併  
1971年
(昭和46年)
■大阪に開発センター設立  
1972年
(昭和47年)
■「ピップエレキバン」を発売 写真:1972年
1978年
(昭和53年)
  ■本社ビル完成
写真:1978年
■卸事業全店にコンピューター導入
1980年
(昭和55年)
■各支店にコンピューター導入 ■子会社「ホープ(株)」を設立、栄ホープ(株)東京支店の事業を継承
1984年
(昭和59年)
■CI戦略導入 写真:1984年
■ピップフジモト(株)[大阪]に社名変更 ■ピップフジモト(株)[東京]に社名変更
1986年
(昭和61年)
  ■物流事業部を独立させ、子会社「ピップ物流(株)」を設立
■北関東エリアから商物分離を開始
1987年
(昭和62年)
■奈良店を皮切りに商物分離を開始 ■子会社の「ホープ(株)」と「オーコーチ(株)」を合併し、ホープオーコーチ(株)設立
1992年
(平成4年)
■マーチャンダイジング機能強化の為、MD部を発足 ■ピップフジモト(株)[東京]をピップトウキョウ(株)に社名変更
1993年
(平成5年)
■中四国物流センターを開設
■棚割システムを導入
 
1994年
(平成6年)
■第1回米国流通視察セミナーを開催 ■介護・看護事業のアンテナショップ、ケアウェル横浜店オープン
1995年
(平成7年)
■近畿物流センターを開設 ■第1回社員アメリカ流通視察研修実施
1997年
(平成9年)
■本社ビル完成
■情報系データベース(P!css)構築
写真:1997年
■営業支援システム「データウェアハウス(DWH)」を導入
1999年
(平成11年)
■中部物流センターを開設 ■メディカル事業部が福神(株)と病院内物流について業務提携
■柴崎医療器(株)と資本提携
■「スリムウォーク」を発売 写真:1999年
2000年
(平成12年)
■子会社「(株)ピース会高知」、「(株)ピース会九州」、「(株)ピース会兵庫」を設立  
2001年
(平成13年)
■子会社「(株)ピース会中部」を設立  
2002年
(平成14年)
■中国(上海)、カナダ(バンクーバー)に駐在員を派遣
2003年
(平成15年)
■「板東(株)」、「(株)カガショー」を子会社化  
2004年
(平成16年)
■ネット事業へ参入
■「八神商事(株)」を子会社化
■ネット事業へ参入
2004年
(平成16年)
■「マグネループ」を発売 写真:2004年
2005年
(平成17年)
■子会社の「八神商事(株)」と「ピース会中部」を合併(存続会社は八神商事(株)) ■医薬品卸大手アルフレッサホールディングス(株)と合弁会社アルフレッサピップトウキョウを設立し、メディカル事業部を移管(2009年4月1日よりアルフレッサメディカルサービス(株)に社名変更)
■ケアウェル事業部にて「予防介護」を取り入れたデイサービスを開始
2006年
(平成18年)
■九州エリアの物流を統合し、九州物流センターを開設  
2007年
(平成19年)
  ■「安心介護サポート(株)」を子会社化
2008年
(平成20年)
■「ワダカルシウム製薬(株)」を子会社化
■「岡山三誠(株)」の卸事業の営業権を譲り受ける
■「(株)カガショー」の清算結了
■ケアウェル事業部と「安心介護サポート(株)」を統合し、「ピップケアウェル安心(株)」を設立
■創業100周年記念式典を開催
■経営統合により、事業持株会社「ピップ(株)」を設立(5月)
写真:2008年
2009年
(平成21年)
■「ワダカルシウム製薬(株)」の株式を会社分割(簡易吸収分割)により、「ピップ(株)」へ継承
■子会社「(株)ピース会兵庫」を清算、廃業。(2月)
 
2010年
(平成22年)
■中部エリアの物流を統合し、中部物流センター(三重県桑名市)を開設。(5月)  
ピップフジモト(株)とピップトウキョウ(株)を合併し、
事業会社「ピップ(株)」を設立(11月)
(※事業持株会社「ピップ(株)」は、純粋持株会社「フジモトHD(株)」に社名変更)
■「(株)サミット商事」と資本業務提携。(12月)
2011年
(平成23年)
■北陸営業所と富山営業所を統合し「金沢支店」を開設。(2月)
■子会社 中国現地法人「蓓福(上海)商貿有限公司」を設立。(8月)
■システム統合計画(第一次)導入展開を開始。(8月)
■盛岡支店を移転。(11月)
■「SMILE SUPPLEMENT ROBOT うなずきかぼちゃん」を発売。(11月) 写真:2011年
2012年
(平成24年)
■仙台支店郡山営業所を仙台支店に統合(1月)
■子会社 「(株)ピース会高知」を清算、廃業(2月)
■四国物流センターが愛媛県東温市に移転開設(5月)
■「ピップエレキバン」発売40周年(10月)
■OTC・化粧品・健康食品の通信販売に関する事業をグループ内事業統合(11月)
■「くつろぎ時間のスリムウォーク 足指セラピー」を発売(9月) 写真:2012年
2013年
(平成25年)
■台湾蓓福股份有限公司を設立(3月)
■子会社「(株)ピース会九州」を清算、廃業(10月)
■蓓福(上海)商貿有限公司をフジモトHD株式会社へ譲渡(11月)
■千葉支店を東京支店に統合(11月)
■「ピップエレキバン」全面リニューアル発売(9月) 写真:2013年
2014年
(平成26年)
■東関東物流センターを開設(2月)
■沖縄物流センターを開設(4月)
■八神商事(株)にホープオーコーチ(株)を吸収合併(8月)
■ピップケアウェル安心(株)大阪店の介護用品物販事業を八神商事(株)に移管(11月)
■「ピップマグネループEX」を発売(8月)
■「夢みるここちのピップほっとリフレ首・肩用」を発売(9月)
■「ピップエレキバンサポーター」を発売(9月)
写真:2014年
2015年
(平成27年)
■板東(株)を事業停止し八神商事(株)に事業譲渡(4月)
■新規事業部(ロボット事業)を別法人化し、ピップ&ウィズ(株)を設立(5月)
■グループのシェアードサービス会社として、ピップビジネスアソシエ(株)を設立(5月)
■EC物流センターを開設(7月)
■「スリムウォーク メディカルリンパソックス」を発売(8月)
■「夢みるここちのピップほっとリフレ目もと用」を発売(9月)
写真:2014年