運動を長く続けるために。重症化予防と対策を専門家が解説。若い女性に増加中、新型ひざ痛。ハードな運動が苦手だと思って始めたヨガやダンスが引き金に?! 運動を長く続けるために。重症化予防と対策を専門家が解説。若い女性に増加中、新型ひざ痛。ハードな運動が苦手だと思って始めたヨガやダンスが引き金に?!

  1. トップページ
  2. 製品情報
  3. おすすめコンテンツ
  4. 若い女性に増加中 新型ひざ痛

20〜30代で増加中?!「新型ひざ痛」とは 20〜30代で増加中?!「新型ひざ痛」とは

女性のうち、20~30代でひざの痛みを感じている方は29%※1。一方、40~50代では35%※1と、年齢による大きな差は見られません。
また、ひざの痛みというと、激しい運動が原因で起こりやすいと考えられがちですが、そればかりではありません。最近は、運動不足の解消に始めるような比較的軽い運動をしている方でも、ひざのトラブルを抱えている20~30代の女性が増えているようです。
「初心者向けのヨガやダンス、ストレッチなど、息切れしないような動きの運動を始めたことがきっかけでひざの痛みや違和感が続き、受診される20~30代の女性がいます。これは“新型ひざ痛”と言え、潜在的にも多くいることが想定できます
と指摘するのは、スポーツドクターであり整形外科医の佐藤務先生(稲毛病院)です。

※1 ピップ調べ 2018年11月(20~59歳女性 n=4961)

あれっ?この動きでひざに違和感??
激しい動きはないけれど、気づかないうちに
ひざに負荷がかかりトラブルに

激しい運動が苦手。 でも健康や美容のために軽い運動を始めた人はご用心 激しい運動が苦手。 でも健康や美容のために軽い運動を始めた人はご用心

ピップと佐藤先生が共同で、ヨガやダンスなど軽い運動を行ってひざの痛みや違和感を感じるようになった20~30代女性(n=206)を対象に行った調査では、約6割が日常生活に支障をきたしている※2と感じていることが分かりました。
この結果について「若年層に起こるひざの痛みは、加齢とは異なる原因です。軽い運動をきっかけに起こるひざの痛みや違和感は、脚の動かし方、脚の筋肉の不足やカタチが原因であることが少なくありません。日頃運動をしている人より、運動が苦手な人が運動を始めた時は特に注意が必要です」と佐藤先生は解説します。

※2 「ピップ 若い女性のひざの痛みに関する実態調査」2018年11月 n=206

Q. ひざの痛み・違和感で、 日常生活に支障をきたしていると思いますか? 約6割が支障を きたしている (n=206) はい58%、いいえ42%

軽い緩やかな動きでも、ひざには大きな負荷。横の動きに要注意‼ 軽い緩やかな動きでも、ひざには大きな負荷。横の動きに要注意‼

「ひざは歩くときの動きである前後の曲げ伸ばしだけでなく、骨と靭帯、筋肉の連携によりわずかですが横に動かすことも可能な部位です。そのため、気づかないうちに負荷がかかっている部位とも言えます。中でも、ひざは横の動きに弱いのが特徴です。激しい動きでなくても、横の動きをすると、ひざの左右にある側副靭帯に負荷がかかり、炎症を起こしやすくなります」と佐藤先生はひざの動きを指摘します。
運動中のトラブルには、【スポーツ外傷】と【スポーツ障害】の2つに分けられます。スポーツ外傷とは、スポーツ中の体に急激かつ大きな外力が加わって起こる骨折や捻挫、脱臼などの不慮の怪我のことです。
それに対し、スポーツ障害とは、スポーツ動作の繰り返しによってひざのような関節、骨、筋肉などの特定部位が酷使され起こる故障です。ランナーやサイクリストの長脛靭帯炎や無理をし続けて生じる疲労骨折などがこの範疇に入ります。新型ひざ痛は、スポーツ障害の一つと言えるかもしれません。」と佐藤先生は解説します。